契約書作成

契約書

契約はお互いの意思が合致すれば、いわゆる口約束でも成立します。しかし、言った言わないや、いつまでといった期限に関する事でのちのちにトラブルにならないように、合意内容を書面に残しておくことがトラブル発生の予防になります。土地、建物等の賃貸借や金銭の消費貸借等の契約書の作成や、発生したトラブルについて協議が整っている場合には、「合意書」「示談書」等の作成も行います。

著作権契約書

原稿の執筆依頼、楽曲の作成依頼や提供、その他写真やイラストなど著作物に関しての利用や提供には著作権に関する取り決めを前もって決めておかないと、後々トラブルになりかねません。

・著作権は著作者(原稿を書いた人・楽曲の制作者・写真を撮った人・イラストを描いた人)に残すのか、提供と同時に譲渡するのか
・独占的な利用とするのか否か
・対価はどうするのか 
などを契約書として残しておくことがトラブル防止の為に必要です。
お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-833-1796(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0063 
秋田県秋田市牛島西二丁目22-25
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top