飲食店営業・食品販売業許可(食品衛生法による許可)

食品衛生法による営業許可と販売許可

飲食店や喫茶店など飲食や食品販売のお店をはじめたい方の各種許可申請の手続きをサポートします。一般的にいう飲食店ではなくとも、店内で食品を加工・調理し販売する場合にも飲食店営業の許可が必要になります。
また、食品を取り扱う小売店をはじめる場合にも、生鮮食品についてはその扱う食品ごとの営業許可を取得する必要があります。販売許可を受けていない生鮮食品の販売はできません。

販売許可

取り扱う生鮮食品の種類ごとに販売業の許可を得る必要があります。チーズの専門店を立ち上げるには乳類販売業の許可が必要です。また、食肉・魚介類 についてもそれぞれ販売許可が必要です。専門店であれば取り扱う食品の販売許可だけでもできますが、幅広く生鮮品を取り扱うのであれば、許可を受けていない食品の販売ができないという事になります。

飲食店営業・喫茶店営業

一般の食堂やそば店やレストラン、バーなど食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業を行う場合には飲食店営業の許可が必要です。また喫茶店やサロンなど施設を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業の場合には喫茶店営業の許可が必要になります。お店の営業形態によっては他に風俗営業の許可や届出が必要になる場合があります。一般的な飲食店の形態でない場合でも、食品を加工・調理し提供する場合には飲食店営業の許可が必要です。

営業の種類

○調理業 飲食店営業、喫茶店営業
○製造業 菓子製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳製品製造業、食肉製品製造業、魚肉ねり製品製造業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、氷雪製造業食用油脂製造業、マーガリン又はシヨートニング製造業、みそ製造業、醤油製造業ソース類製造業、酒類製造業、豆腐製造業、納豆製造業、めん類製造業、そうざい製造業、缶詰又は瓶詰食品製造業、添加物製造業
○処理業 乳処理業、特別牛乳搾取処理業、集乳業、食肉処理業、食品の冷凍又は冷蔵業、食品の放射線照射業
○販売業 乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業、魚介類せり売営業、氷雪販売業


営業の種類ごとに施設の基準が定められています。こちらもご参照ください。   

食品衛生責任者

衛生的な食品の管理のため、各施設ごとに食品衛生責任者を置かなければなりません。食品衛生責任者は講習を受けることでなることができます。また調理師や製菓衛生師、栄養士などの免許や資格を持っていれば講習を受けなくても食品衛生責任者になれます。食品衛生責任者は保健所に届けなければなりません。秋田県での講習会の予定はこちらで確認できます。

申請に必要な書類

・営業許可申請書
・営業施設の平面図
・営業施設周辺の見取り図
・営業設備の概要
・登記事項証明書(法人の場合のみ)
・水質検査成績書(公営水道使用以外(井戸水など)の場合)
・食品衛生責任者設置(変更)届
・食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳、調理師免許証など)
・申請手数料

お気軽にご相談ください

お店や事業を始めようと思った時に、どんな許可が必要か、予定している施設は要件にあっているかなど、お気軽にお問合せ・ご相談ください。
お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-833-1796(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0063 
秋田県秋田市牛島西二丁目22-25
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top