酒類販売許可

お酒を売るための免許

酒販店をはじめる場合や、一般小売店でお酒を新たに取り扱おうとする場合には一般酒類小売業の免許が必要です。またネットショップなどの通販でお酒を取り扱う場合にも通信販売酒類小売業免許が必要です。酒類販売免許取得の手続きをサポートいたします。

一般酒類小売業免許の要件

酒類小売業免許の取得には次の4つの要件を満たす必要があります。
1.人的要件
2.場所的要件
3.経営基礎要件
4.需給調整要件

このなかのうち『3.経営基礎要件』に「経験その他から判断し、適正に酒類の小売業を経営するに十分な知識及び能力を有すると認められるもの、またはこれらが主体となって組織する法人であること」という要件があります。これについては申請者(申請者が法人の場合はその役員)が以下の経歴があれば要件を満たすものとして取り扱うこととされています。

◯免許を受けている酒類の製造業若しくは販売業(薬用酒だけの販売業を除く。)の業務に引き続き3年以上直接従事した者、調味食品等の販売業を3年以上継続して営業している者又はこれらの業務に従事した期間が相互に通算して3年以上である者。

・これらの従事経験や経営経験がない場合には、「酒類販売管理者研修」の受講し、経験がないことを補うことで認められる場合があります。

・酒類販売の経験がない場合は事前に酒類販売管理者研修を受けておくことをお勧めします。

通信販売酒類小売業免許

通信販売酒類小売業免許とは、2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、商品の内容、販売価格その他の条件をインターネット、カタログを送付する等により提示し、郵便、電話その他の通信手段により売買契約の申込みを受けて当該提示した条件に従って酒類を小売する場合に限定して、付与することとした酒類小売業免許をいいます。免許取得の要件は一般酒類小売業免許とほぼ同じですが、需給要件で販売できる酒類に制限があります。

・販売の対象が「2都道府県以上の広範な地域の消費者等」とあります。一つの都道府県内のみを対象とする場合は一般酒類小売業免許で対応できます。
・通信販売酒類小売業免許で販売できる酒類は国内産の場合、年間の総移出量が3,000キロリットル未満の酒造メーカーの物に限られます(輸入酒は制限なし)。対象の酒類を販売しようとする場合はメーカーの証明書が必要です。
・通信販売酒類小売業免許の申請にあたっては、カタログやホームページが必要な要件(未成年者に酒類を販売しない旨の表示、年齢確認、特定商取引に関する表記等)を満たしているかの審査もあるため、事前に作成しておく必要があります(原案段階のもので可)。

申請から許可までの期間

酒類販売免許の申請は申請書の受付からの標準処理期間(可否の結果を出すまでの期間)が60日と規定されています。また、申請書の作成や添付書類の収集等を考慮すると、実際に申請をしようとしてから免許の許可が出るまで2か月半~3か月は必要になるかと思います。実際に販売を開始したい時期から逆算して申請するようにしてください。

お気軽にご相談ください

新規に酒販店を始めたい、今のお店で新たにお酒の取り扱いをしたい、ネットショップでお酒を取り扱いたい、既存の酒販店で通信販売を始めたい、そのような方、まずは気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-833-1796(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0063 
秋田県秋田市牛島西二丁目22-25
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top