遺言

遺言書

自分自身の生前の意思を書面の形で残しておくことで、残された肉親の無用な争いを避けたり、相続人となる権利のない人への財産の贈与を意思表示することができます。遺言は15歳になるとすることができますが、遺言書には決められたいくつかの形式があり、いずれかの形式に従ったものでなければ、その遺言書は無効になってしまいます。

自筆証書遺言書

ご自身の自筆による遺言書です。書式に決まりはありませんが以下について注意が必要です。

○必ず全文自筆でなければなりません。ワープロやパソコンを使って作成・印刷したものは無効になります。
○遺言書を作成した日付がなければなりません。〇月吉日といった表現は認められません。
○遺言書には自書による署名と押印が必要です。
○遺言書の加筆や変更は、その場所を指示し、変更した旨を付記して署名し、変更した場所に印を押さなければその変更は認められません。

○たとえご夫婦でも、各自個別に遺言書を作成しなければなりません。共同の遺言書は無効です。

公正証書遺言書

○証人2人以上の立会いの下、遺言の趣旨を公証人に口述します。
○公証人がこれを 筆記し、遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させます。
○遺言者及び証人が、筆記の正確な事を承認の後、各自が署名押印します。
○公証人が、上記の方法に従って作られたものである旨付記し、署名押印します。

遺言書は相続を知った後、家庭裁判所に提出して検認を受けなければ遺言の執行ができませんが、公正証書遺言書はその必要がありません。

秘密証書遺言書

○遺言者がその証書に署名し、印を押します。
○遺言者がその証書を封じ、証書に用いた印をもってこれに封印します。
○遺言者が公証人1人及び証人2人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述します。
○ 公証人がその証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押します。

秘密証書遺言の方式に欠ける(例えば証書の印と封書の印が違うなど)場合でも自筆証書遺言の形式に従っていれば自筆証書遺言として有効になります。 
お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-833-1796(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0063 
秋田県秋田市牛島西二丁目22-25
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top