相続と遺言

  • Home
  • » 
  • 相続と遺言

相続や遺言の手続きをサポートいたします

遺言書は法定の要件を満たすことや、相続させる財産が、きちんと確定できるような書き方をするなど、作成にあたって注意すべき点が沢山あります。
また、相続手続きや遺産分割協議書の作成 にあてっては、相続人を確定させるために戸籍の収集が必要で、思いのほか手間がかかってしまう場合があります。
せっかく書いた遺言状が無効になってしまわないようアドバイスをしたり、手間のかかる戸籍収集を代わりに行ったりといったサポートをいたします。 

相続

相続は死亡によりスタートします。相続が開始されると、被相続人(故人)の財産に関する一切の権利義務(負債も含みます)が継承されます。ただし、被相続人の一身に専属する(故人自身のみが行使できる権利、例えば年金を受給する権利など)は継承されません。相続開始にあたって、故人の財産を確定させるための調査の支援なども行います。

遺言書

遺言書は法律で定められた要件を満たしていなければ、せっかく遺言書があっても残された家族の方が、遺言書通りの相続が行えなくなってしまいます。通常、遺言はおもに、自分で作成する「自筆証書遺言」、公証人に作成してもらう「公正証書遺言」で作成されることが多いです。これらの遺言書作成の支援(文案の作成や「公正証書遺言」では証人になる等)を行います。

遺産分割

遺言書があれば、その遺言に沿って相続されます。また、遺言書がない場合は法定相続か、法定相続とは違う割合での遺産分割をするには相続人全員による遺産分割協議を行う必要があります。遺産分割協議に相続人が一堂に会し話し合いができればよいですが、疎遠になっている方がいたり、思わぬところから相続人が現れるということもあるかもしれません。そういった相続人の調査を含め、相続に関するサポートをいたします。
お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-833-1796(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0063 
秋田県秋田市牛島西二丁目22-25
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top