遺言作成サポート

遺言作成

自分に兄弟がいるが子供がいないので妻にすべての遺産を相続させたい、世話になった方に少しでも財産分けをしたい、などとお考えになっている方はぜひ遺言書の作成をお勧めします。ご自身の亡き後に相続で揉め事にならないように、相続が争族にならないように遺言書を残しておきましょう。遺言書は残される家族の方への思いやりです。

文案の作成

遺言書の作成にあたって、文案の作成をいたします。
例えば○○にすべての財産を相続させる、と書いてあっても兄弟姉妹以外の法定相続人には遺留分(最低限取得できる相続分)があり、これは遺言書があっても 認められます。できるだけ多くを一人の相続人に残す場合に、後から遺留分の請求をされるより、事前にそれを考慮した遺言書にした方が揉めずにすむと考えられます。そういった事を考慮した文案の作成をしていきます。

遺言書自体の作成はご自身で

自筆証書遺言については、ご自身の自筆で作成しなければなりませんので、文案をもとにご自身で遺言書を作成していただくことになります。また、公正証書遺言の場合でも、公証人への口述はご自身でおこなっていただくことになります。

お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-833-1796(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0063 
秋田県秋田市牛島西二丁目22-25
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top