相続の承認・放棄

相続の承認と放棄

相続人は、相続の開始があったことを知った日から3か月以内に以下のいずれかを選択しなければなりません。

単純承認

被相続人からの財産を、無条件、無制限に承継することです。この場合の相続は、預金や不動産などの財産だけでなく、借入金などの負債も含まれます。相続の開始を知ってから3カ月間なにもせずに経過すると、相続を単純承認したものとみなされます。

以下の場合も単純承認したものとみなされます。
1.相続人が相続財産を一部でも処分したとき
2.相続開始を知った日から3カ月以内に相続放棄も限定承認もしないとき
3.相続放棄、限定承認の後でも、相続財産の全部または一部を隠すなどして、意図的に財産目録に記載しなかったとき   

限定承認

限定承認は相続財産の範囲内で被相続人の債務を引き継ぐことです。相続財産で債務の精算をして、なお財産が残るときにその財産を相続します。相続の開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に限定承認申述書を、共同相続人全員で申述しなけれななりません。一人だけ限定承認するというようなことはできません。

相続放棄

相続の放棄は、被相続人からの相続を一切しないということです。負債を引き継がず財産も相続しないということになります。相続の開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しなければなりません。相続放棄は各相続人が単独で行えます。
お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-864-4611(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0921 
秋田県秋田市大町二丁目7-17 
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top