相続分

指定相続分

遺言によって指定された相続分のことです。遺言で指定することで本来は相続人になる権利を持たない人にも相続の権利を与えることができます。また、指定相続分は法定相続分に優先して適用されます。

法定相続分

民法で定められた相続分のことです。

1,相続人が配偶者の場合  配偶者1/2、子1/2
2.相続人が配偶者直系尊属(親)の場合  配偶者2/3、直系尊属1/3
3.相続人が配偶者兄弟姉妹の場合  配偶者3/4、兄弟姉妹1/4
それぞれの順位者が複数いる場合(子が2人など)は、法定相続分をさらに人数分で均等に分割します。

例えば1,000万円の遺産を配偶者Aと子B、子Cで法定相続するとAが500万円、Bが250万円、Cが250万円を相続することになります。  

代襲相続

相続開始時に子がすでに死亡している場合や、欠格や廃除によって相続人の権利を失っている場合に、その子の子(つまり孫)が相続を受ける場合のことを言います。ただし、相続を放棄している場合は代襲相続することができません。直系の親子関係であれば子→孫→曾孫と再代襲、再々代襲していくことができます。兄弟姉妹が相続人となるケースの場合はその子(亡くなった人からみて甥・姪)までしか代襲相続は認められません。
お問合せ・ご相談はこちらまで

TEL/FAX 018-864-4611(平日9:00~19:00)

土日でも電話対応いたします。平日お忙しい方はご遠慮なくどうぞ。
また事前にご連絡いただければ面談も可能です。

・ 一人事務所のため、転送電話や留守番電話になっている場合があります。ご了承ください。
・転送電話の転送先は相澤の携帯です。転送にかかる通話料金は当方負担です。
・留守番電話の場合はお名前・ご連絡先・ご相談内容をメッセージにお残しください。

メールによる問い合わせは随時受け付け



初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。



〒010-0921 
秋田県秋田市大町二丁目7-17 
相澤陽一郎行政書士事務所

  
Contact
Go to Top